COSPA

コスパ広報あふろの密着取材|コスパのジーンズはこうして作られているのだっ!!
今まで秘密のベールに包まれていた、コスパのジーンズ製作の最前線!!
(お伝えしてなかっただけなのでは・・・というのは内緒 テレ(つω・*))
この度、関係各所の皆様のご協力により、遂にその全貌が明らかにっ!!
コスパ今春の渾身の一撃ともいうべき、「ジオンジーンズRED MODEL」「エヴァジーンズ初号機バージョン」の製作最前線に、
私コスパ広報あふろが密着取材して参りました!!
いう訳で、朝イチの新幹線に飛び乗り、来ちゃいました。 
ドメスティック系ブランドのジーンズを多数産出する国産デニムの本場、
岡山県は児島。江戸時代から綿織物の産地だった岡山の織物メーカーは、1970年代以降、
昔ながらのクラフト感を活かしたデニム工場へと転身を果たし、ついには
欧米ブランドからも発注されるような世界のデニム産地として成長を遂げたのです!
なんとそんな「世界の岡山」に……コスパのジーンズを生産している秘密工場がぁ!

絶好の取材日和!遠くに瀬戸大橋が見えました。
そして山道を進むと、遂に着きました! 秘密のジーンズ工場(マダイウカ・・・)
大量のジーンズがお出迎えです。 ここで数々の名作が生み出されているのだ!
さっそくその行程をザザッとお伝えして行こう!!
加工の第一段階として、手作業でシワや模様をつける為の削り作業をします。
こんな感じでシャカシャカって削ります。 削り具合は職人さんの経験頼りです。
ヒザ裏のシワ加工とか絶妙な感じです。 いやはやオミゴト。
何でシャカシャカってすると、シワとか模様がつくかって?
そう、ジーンズの内側にはこういうウレタン製の特注の型が入っているからなのです。
シワならシワの型がそれぞれのジーンズ専用でちゃんとあるんですよ〜。
おっ! エヴァ初号機の目入りましたー!
さらに手作業で加工して行くと・・・。
おおっ! ATフィールドも入りました。
削り加工済みで、洗って風合いを出す前のジーンズの画像はレアですよ〜
お次はサンドブラストで、砂をブッシューー!!!! とかけて削ります。
ヒザのスレ具合とか、お尻部分のスレ具合とかをこれで出すんですね〜。
ちょー砂舞ってます。 目とかあけてられなかった(哀ノД`)゚+.゚゚+.゚
お次は、ポケットふちやすそ部分に機械でダメージを入れます。
削りを入れるとこうなります。 ここから洗うとイイ感じに育ちそうな予感!
次は洗い加工前の処理として、タグピストルで畳みつけをします。
こんな感じで。
Why? なぜかって? それはね・・・ 
これをやった後に、洗い加工をすると
こういう感じになるからなのさっ! 勉強になります(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン
ちなみにエヴァのジーンズはデザイン上の未来的な隠し味として、
通常の畳みジワとは異なる「メカニカルで直線的なシワ」加工を施してます。
ジオンジーンズは、その洗い加工前にグラインダーで穴あけをします。
緊張の一瞬です。
さて、洗い加工をするために、洗工場へ移動して参りました!
天然石と一緒に30分程洗っちゃいます! ウォッシュウォッシュ♪
こんな感じ! 白いのが天然石です。
そして乾かします。 これはコスパのジーンズでないけどね!
洗い上がりのジオンジーンズ。 シワの加工がイイ感じに出てます^^
サンドブラストしたお尻部分のスレ具合もイイ感じです。 ( ・∀・)イイネ!!
ここでいったん加工工場に戻り、職人さんの操るグラインダーで
エヴァジーンズのATフィールドもこじ開けられました。
お次はコレ! インク? そうそう。インク加工です。
ジオンジーンズには、MSの塗装をイメージしたインクの汚し加工がはいります。
特注のスタンプ型でぺタリ! ググーーー!と押せば……
Oh!エクセレント!!
エヴァジーンズにも一箇所づつ手でスタンププリントを入れます!
更にミシンを使って、ステッチ付け加工などを施して行きます。
カタカタと心地よいミシンの音が響いております。
 
そうした一つ一つの丁寧な職人技の数々を経て・・・
遂に完成した、これが「ジオンジーンズ RED model ユーズドバージョン(長い)」
 
どうです、このシブさ! 裾をまくればZEONの赤文字が
ワンポイントになって超カッコイイっす!
 
そしてこちらがエヴァジーンズ。 初号機の目のインパクト!
そして何よりも、ATフィールドがこじ開けられているこの仕様・・・。たまりませんっ!
 
細部にほどこされた、エヴァの世界観とアイコン。
これぞまさに極み。 これをクールと言わずして何とするっ!

いかがでしたでしょうか。
広報あふろの「岡山おいしいもの旅行記」 (え?
いやいや。 コスパのジーンズが作られている過程です!!

一つ一つの作業が、ほぼ丁寧な手作業によって行われ、
その全てはやり直しのきかない一発勝負。

想像していた「工場」のイメージとはまったく異なる
まさにハンドクラフトのカタマリといったものづくりの現場を見て、
一本のジーンズの中に、どれだけの確かな技術と職人魂こめられているかを
痛感いたしました!

私、広報あふろも自社製品ができる過程を、こう密着取材させてもらうことは
はじめてだったので、新たな勉強になりました。 (つω・*) テレマスナ

今春、満を持して発売されるこのコスパ渾身の一撃!!
ぜひお楽しみに!!いや・・・

買ってちょーだい!

失礼しました ・゜゚(>ω<。人)ゴメンチャィ

■取材協力&スペシャルサンクス
ジーンズ工場、洗工場のみなさま
おまけ! お昼ご飯のうどんも美味でした。
※掲載の写真は開発中のサンプルになります。実際の商品とは異なります。
※商品の仕様は予告なく変更になる場合がございます。ご了承ください。

©創通・サンライズ
©GAINAX・カラー/Project Eva.

COSPA